タワージャズジャパンについて

2011年6月、タワージャズはマイクロンテクノロジー社から兵庫県西脇市の製造施設を取得しました。この買収により2010年のタワージャズの生産キャパシティがほぼ倍増し、コスト効率よく月産60,000枚規模の増強を果たしました。

タワージャズジャパンは、1990年に、神戸製鋼所とテキサス・インスツルメンツ社の合弁としてKTIセミコンダクター株式会社としてスタートしました。その後、1999年4月にマイクロンテクノロジー社との提携により、KMTセミコンダクター株式会社に社名変更しました。2002年4月にはマイクロンの100%出資会社となり、タワージャズがこの製造施設を取得する直前の数年間はスペシャルティDRAMビジネスを中心に展開していました。

会社概要

社名 タワージャズジャパン株式会社 (TowerJazz Japan, Ltd.)
設立 2011年6月
本社所在地 兵庫県西脇市平野町302-2
代表取締役CEO ラフィー・モア(Rafi Mor)
事業内容 ICスペシャルティファウンドリ
従業員数 約1000人
2012年度売上 6億3900万ドル (グループ合計)

会社沿革

1990年 5月 神戸製鋼所とTexas Instruments, Inc.との合弁会社KTIセミコンダクター(株)設立、メモリ半導体製造開始
1999年 4月 KMTセミコンダクター(株)に社名変更 (Micron Technology, Inc.と提携)
2002年 4月 マイクロンジャパン(株)に社名変更 (Micron Technology, Inc.の100%出資会社となる)
2011年 6月 Micron Technology, Inc.からTower Semiconductor Ltd.の傘下となる
(Towerの100%日本法人、タワージャズジャパン(株)設立)

タワージャズジャパンの強みと特徴

  • 立地、言語、ビジネス慣習などの点において日本のお客様のニーズに柔軟に対応できる利便性
  • 品質、コスト、納期面におけるワールドクラスの生産能力
  • 日本特有の品質改善文化
  • タワージャズの主要技術および顧客ニーズに合った製造装置と技術を保有
  • 最高水準のカスタマーサポート体制およびパートナーシップ
  • 信頼を基本とする文化と高い機密保持意識
  • 海外での最先端技術の経験を持つエンジニア
  • タワーが自信を持つIDMプロセス移管の成功実績

Click here for more information on the history of TowerJazz.